LPICレベル2資格201-400問題集はもっと正確に実際問題の範囲を絞ることができます

LPICレベル2のご受験を予定されている方は、ピアソンVUEの受験予約画面にて科目を選択する際に下記に注意して受験予約をしてください。 LPICレベル2を受験する際に選択すべき科目(日本語受験の場合) 117-201  LPI Level 2 Exam 201 117-202  LPI Level 2 Exam 202 下記は【ドイツ語のみ】の配信ですので選択しないでください。 201-400  LPIC-2 Exam 201, Part 1 of 2, version 4.0 202-400  LPIC-2 Exam 202, Part 2 of 2, version 4.0 201-400はLPICレベル2資格の一つの認定試験です。 TestpassportのLPICレベル2資格201-400問題集はあなたの全てのニーズを満たすことができ、短期間で合格することができます。 弊社のLPICレベル2資格201-400勉強資料を利用したら、あなたは自分の目標を達成することができ、最良の結果を得ます。 最も正確な201-400学習材料を提供し、問題集に出る201-400問題と回答を覚える限り、201-400認定試験に合格することができます。 201-400試験概要: 試験番号:201-400 試験名称:LPIC-2 Exam 201… Continue Reading

レベル1の出題範囲改訂(Ver4.0)について

レベル1の出題範囲改訂(Ver4.0)について 2015年6月1日より、レベル1の出題範囲を改訂します。 レベル1認定資格を取得したかったら、必要認定試験は101-400及び102-400です。 LPIC-1認定資格は、「ファーストレベルLinux専門家」を認定する資格試験です。 改訂後のLPIC-1の出題範囲のバージョンは、Ver4.0となります。 受験生はLPIC-1試験に合格することが難しいというのをよく知っています。 Testpassportは101-400(LPI Level 1 Exam 101, Junior Level Linux Certification, Part 1 of 2)及び102-400(LPI Level 1 Exam 102, Junior Level Linux Certification,Part 2 of 2)試験に関する完全な資料を唯一のサービスを提供するサイトです。 自分で弊社のLPIC-1練習問題集の激安コースを通して、101-400及び102-400試験合格は問題がありません。 LPIC-1出題範囲変更のメリット: LPIC-1の認定者は最新のテクノロジーに追随したスキルを持つことを証明することができます。 Ver4.0のリリースによる受験方式の変更: 新バージョン(Ver4.0)がリリースされてから「6ヶ月間」は、旧バージョン(Ver3.5)も受験することができます。 よって、受験者は、新旧いずれかのバージョンの試験を選択して受験することができます。 各試験別の詳細な出題範囲の差分: 101-400試験: 主題101: システムアーキテクチャ… Continue Reading

最新のLpi LPIC-3 304-200勉強資料はITの従業員を雇用する多くのよく知られているIT企業の基準となります

Lpi LPIC-3 304-200出題範囲改訂の背景とメリット: 仮想化技術と高可用性技術は共にクラウド基盤構築の中心的な技術であり、近年、急速に普及、発達している分野で す。新出題範囲では、仮想化技術にクラウド管理ツールやコンテナ技術、そして新しいツールを取り入れ、高可用性技 術では、高可用技術対応バージョンの更新と新しいツールを取り入れました。 これにより、LPIC-3 304の新出題範囲の認定者は最新のテクノロジーに追随したスキルを持つことを証明することがで きます。 304-200専門知識を有する従業員の需要が高まっているため、雇用保障とキャリアの将来性を高めることができます。 TestpassportはLpi LPIC-3 304-200認定試験を予測してもっとも真実に近い問題集を研究し続けます。 弊社のLpi LPIC-3 304-200問題集のカバー率がとても高いですから、自分で勉強するよりずっと効率が高いです。 当社の短期特別なLpi LPIC-3 304-200トレーニング資料を通じて、あなたはすぐにITの専門的な知識を把握してから、試験のための良い準備を持つことができます。 LPIC-304 における変更点: 仮想化技術と高可用性技術の急速な進展を反映したことで、より進展の著しい仮想化の比率が相対的に増加し、結果 として構成比率は仮想化 60%、高可用性 40%になりました(旧バージョンは共に 50%)。その他下記の変更を行い、全体 を再編成しました。 – Xen バージョンの更新。 – ibvirt および virsh の追加。 – OpenStack の追加。 – 高可用性(HA)テクノロジーバージョンの更新。… Continue Reading