JN0-361勉強資料、JN0-361問題集、JN0-361受験対策、JN0-361勉强資料、JNCIS-SP 試験のトピック

Testpassportは、専門家や試験に合格した候補者によって証明効果的なJuniper JNCIS-SP JN0-361トレーニングの材料です。
弊社のJuniper JNCIS-SP JN0-361問題集は、ショートカットを提供するために、ITプロフェッショナルのために特別に最高の研究ガイドと最高のオンラインサービスを準備します。
弊社のJuniper JNCIS-SP JN0-361勉強資料は実践の検証に合格したもので、価格が手頃ということを保証します。
実際の環境で本格的なJuniper JNCIS-SP JN0-361試験の準備過程を提供しています。
弊社のJuniper JNCIS-SP JN0-361受験対策を選んで、多くの時間とエネルギーを節約こともできます。
弊社のJuniper JNCIS-SP JN0-361問題集はあなたが自分の知識と技能を高めることに助けになれることだけでなく、さまざまな条件であなたのキャリアを助けることもできます。

試験コード:JN0-361
筆記試験
世界各地のピアソン VUE テスト センターで実施
試験の所要時間:90 分
試験形式:選択問題 65 問
合格/不合格ステータスは即時発表
前提となる認定資格:JNCIA-Junos

Juniper JNCIS-SP JN0-361筆記試験は、Junos でのルーティングとスイッチングの実装に関して初級から中級の知識を持つ、実務経験のあるネットワーク プロフェッショナル向けに設計されており、ルーティングおよびスイッチングの技術とそれに関連するプラットフォーム構成の基礎知識、トラブルシューティング スキルを受験者が身に付けていることを確認するものです。

JNCIS-SP 試験のトピックは、推奨される講師主導型トレーニング コースの内容およびその他のリソースをベースとしています。

弊社のJuniper JNCIS-SP JN0-361勉强資料の中の問題と解答は試験の全部内容を覆い、1回で試験に合格することを保証します。
弊社のJuniper JNCIS-SP JN0-361勉強資料を選んだら、あなたがもっと充分の時間でJN0-361試験に準備できるように、一年間の無料更新サービスを提供します。
弊社はずっとJuniper JNCIS-SP JN0-361トレーニング資料をアップグレードしていますから、提供して差し上げた製品は一年間の無料更新サービスの高いものがあります。

Juniper JNCIS-SP JN0-361出題内容の詳細は以下のとおりです。

プロトコル非依存型ルーティング
オープン最短パス ファースト(OSPF)
中間システム – 中間システム(IS-IS)
境界ゲートウェイ プロトコル(BGP)
レイヤー 2 ブリッジングおよび VLAN
スパニング ツリー プロトコル
マルチプロトコル ラベル スイッチ(MPLS)
IPv6
トンネル
高可用性

弊社のJuniper JNCIS-SP JN0-361試験対策は試験の準備のための本当に完璧です。
弊社のJuniper JNCIS-SP JN0-361勉強資料を使用することにコミットして、最初の試行で試験に合格することを保証することができます。
弊社のJuniper JNCIS-SP JN0-361試験材料を購入した場合はあなたに同じ値の他の製品を送ること自由の完全な費用の払い戻しを与えることができます。
Juniper JNCIS-SP JN0-361無料サンプルをご参照ください

1.What is the TTL value for EBGP?
A. 64
B. 48
C. 255
D. 1
Answer: D

2.What is the OSPFv3 router ID?
A. 0.0.0.0
B. 192.168.1.1
C. 2001::1:2
D. 2001::192.168.1.1
Answer: B

3.Because of recent network failures, additional circuits have been purchased. In addition, Fast reroute
has been configured on critical MPLS LSPs.
When the next failure occurs, which two time intervals will affect fast reroute? (Choose two.)
A. The amount of time required to reroute the traffic onto the detour
B. The amount of time to detect a link or node failure
C. The amount of time required to recalculate the best detour
D. The amount of time it takes to ping the gateway on the detour link
Answer: A,B

4.What must be configured for all IBGP speakers in an AS to have consistent routing information?
A. Partial mesh of EBGP sessions between EBGP speakers
B. Default routes to the IBGP gateways
C. Static routes to the EBGP gateways
D. Full mesh of IBGP sessions between IBGP speakers
Answer: D

 

admin